長峰山発_8月

カテゴリー:

karakogi

7月7日、『松本市子どもボランティアスクール』の自然観察会にて、天平自然園へ向かう道沿いのこと。烏帽子峰側の樹林を見ると「あれ、何か赤い花が咲いてる?」…近づいてみると、なんとカラコギカエデの鈴なりの実でした。翼のところが鮮やかに紅葉しています。日当りがよいことも影響しているのでしょう。カエデの仲間は、葉っぱというよりも遺伝子に、紅葉が美しくでる性質があるのだなあ、と改めて思ったことでした。
少し時間をさかのぼって、下の写真は6月の終わりに三城で撮影したカラコギカエデです。花が終わって順番に実の赤ちゃんができはじめたところ。小さな両手をくるっとつないでいるようなかわいさでした。

karokogi2